BLOG

年賀状について

小学生の時、お正月といえば私は年賀状がすべてだった。
元旦の朝、郵便屋さんのバイクの音が聞こえたと思ったら、寒いい寒いいと唱えつつ
パジャマ姿ですぐにポストに駆けて行って、輪ゴムに結ばれた家族全員分の年賀状を取りだす。
1日に2.3回確認。2日は郵便屋さんがお休み。

仕分けして自分のところに来た友達からのはがきの束は宝物だった。
それに、自分の大量に出した年賀状が届いていることを想像するのも楽しみの一つだった。
父にデザインしてもらったり手伝わせてもらったり毎年、工場かというくらい大量に出してた。

そんなマメだった子供時代は、あっというまに過ぎさり、今では引越しなどもあり年賀状を出しあえる相手は当時に比べてとても少ない、。し、近年は手書きでお返事を書くくらいでした。

そんなこんなで迎えた2019年。

ある朝、大学時代の友人達からのすてきなコラージュの年賀状が届いて、やる気の背中をドーンと押され、
ガッとパッとエイっとな感じで、ひさしぶりに年賀状を作った!
部屋に貼ったり、見る角度を変えてみたり、それを自分で気にいるには思ったより時間を要したけれど、、
どーん!




昨今のコンビニはとても優秀で、実物をスキャンをしてそのデータをはがきにプリントまでしてくれる。
なのでこちらは、コラージュした紙切れとキラキラモールをコンビニに持って行っただけで出来た、
「コンビニ年賀状」と呼ぶことにします。



おはようございます、ワイズリーブラザーズです!

新しい年になり、ライブは2月からのスタートなので
今月は早速いろいろと生産しています。あぁでもなく、こうでもない。

トミタ・サウンドで知られる冨田勲さんの昔の動画をはじめて見たのですが、
「4分の3は失敗です、ほとんど失敗の連続ですね」とインタビューで話していて、なんだかとても、励まされました。


あとひさしぶりに本を買って、三日くらいで読み、
新たな言葉との出会いでひさしぶりにウキウキしました。
アメリカの本、ロング・アイランドがどんな場所か気になった。

映画館で見た公開したての映画は、80年前のフランス映画、いい作品というのはいつ見ても、感動するしおもしろくて、これは最新か?!と思う。





そうして!待ちに待ったライブ、
2月のライブはなんと3本全てが西方面です。japan

2/9大阪はこの間ツアーファイナルでも登場してくれたMom君と同じイベントで共演!
2/10は岡山にてmachiotoです! hoshiotoの思い出がグングン、machiは
どんな場所だろう!
2/16大阪はツアーに出演してくれたペペッターズのツアーに、お呼ばれしました。嬉しいね!
是非、皆さん一緒に 楽しみましょう!←気になる時はクリックすると飛びます!



タイトルの通り、ほぼ年賀状についてのダイアリとなってしまったけれど、、

2019年の皆さまの日々が、
いい一年となるよう、
わたし達もいい年になるよう、頑張ります!!
さまざまな場所で会いできますように。
今年もよろしくお願いします!














 

Comments:

wisely brothersのファンです。

切り絵ですか?
すごく素敵な年賀状ですね^^

僕もおととい、テレビで映画、耳をすませば、を観ました。何度も観ている好きな映画です。
心をこめて初めて何かをするときや初めて何かを作ったりすることは、不安になったり、どきどきすることもあるけれど、きっとそれはとても大事なことで、素敵なことなんだと思いました。
おじいさんの原石のお話、みんなでカントリーロードを演奏して歌うシーンも好きです。

今年も素敵な音楽や歌を、たくさん聴かせて下さい。
今年もよろしくお願いします^^

Mon, Jan 14, 2019 at 12:12 AM